個人情報を暗号化することで情報流出を防ぐ!

個人情報は絶対に他人に知られてはいけないものです。SSLなら安全です。 - 個人情報を教えると言うこと

個人情報を教えると言うこと

自分の秘密を相手に伝えるときはどのようなことを考えますか?
相手の口が堅いと言うこと、いつも話していて信頼できると言うこと等々様々な条件が思いつくことでしょう。
インターネットで個人情報を教えるときだってこれと同じような条件が必要なはずですね。

■教える相手は大丈夫?

個人情報はその人の命と同じぐらい大切と言っても過言ではありません。
そうであるならば相手の身元がわかっていないと伝えるのにも非常に抵抗があります。
この人って本当に存在するのかな、どんな人なのかなど考えることばかりです。

■身元チェックの難しいインターネット

しかしインターネットは匿名性が高いと言われるほど相手のことがよくわからないまま使っている技術です。
そのため身元チェックをするための技術も存在します。
その一つが「SSL」です。個人情報を守るために、SSL証明書を作成しよう。お手頃価格でお求めいただけます。
個人情報をやりとりするときに暗号化してくれるだけではなく「このサイトを運営しているのはこういう人です」という情報を確認することが出来るようになっています。
もちろんでたらめに作ることは出来ず、「認証局」と呼ばれる第三者がきちんとチェックを行いその人が本当に実在するのかどうかを確認していますから安心できますね。

■相手がわかるうれしさ

インターネットでは顔が見えず相手のこともよく知らないまま取引をしなければなりませんから、一種の不安に襲われることがあります。
しかしSSLを用いていれば相手がどのような人かがわかるため利用者にとっては大きなメリットになりますね。
SSLを使ってお客さんが安心して通販を利用できるようにしようと、非常に高い意識を持ってサイトを運営してらっしゃる通販サイトの経営者の方は多くなっています。
お客様のことを第一に考えることがお客様商売の基礎基本ですね。
しかしSSLを使っているからと言って安心しきってはいませんか?
SSLを使っていてももらった人のマナーを守らなければなりません。

■流出させない

一番大切なことはもらった個人情報を流出させないと言うことです。
考えてみてください。
SSLをいくら使ってインターネット上では個人情報を保護したとしても、もらった人が他人に流出させてしまっては何の意味もありません。
最近は大企業を中心に個人情報が大量に流出したとして大きなニュースになることが多々あります。
これは決して大企業に限らず個人で営業している人であっても同じです。

■適切な方法で保管する

個人情報を流出させないために一番簡単なことは「適切な方法で保管」することです。
jytd
適切な方法で保管するというのは難しいことではなく、個人情報を書いた紙をシュレッダーで処分するとかノートパソコンにデータを入れない等々様々です。
こうした内部の体制のことを「内部統制」と呼びます。

■SSLでも守れない

個人情報をもらった人がきちんと守らなければならないのはマナーです。
個人情報を流出させるような事態に関してはSSLでも対応しきれません。
決して難しいことではありません。
個人情報をもらったらどうすれば良いか考えれば良いだけの話ですから。

新着情報

◆2016/01/25
個人情報を教えると言うことの情報を更新しました。
◆2015/09/07
サイトマップを新規投稿しました。
◆2015/04/18
携帯電話からのSSLにも対応しようを新規投稿しました。
◆2015/04/17
SSLを導入する費用っていくら?を新規投稿しました。
◆2015/04/16
企業への信頼感はSSLで決まるを新規投稿しました。